雪の為に自転車で転んだ時の話です

前日に降った雪がまだ残っていましたが、羽村で探す評判の工務店ならアネストがもう大きな通りまで出れば問題ないだろうと安易に考えて自転車に乗った時に、右カーブ時に後輪が大きく滑り、派手に転んでしまいました。単独での転倒なので幸いにも自動車や歩行者などと接触することは無かったものの、右膝を地面に強打し、立つもの大変な状態になってしまい、ポンテベッキオの大阪になってからもし折れていたら大変だと思ってそのまま何とか近くの整形外科クリニックまで自転車を押して行きました。着くと右手の甲も擦っていて血が出ていたので、何があったのかと聞かれ、すぐに診てもらえることになり、レントゲンからとることになりました。不幸中の幸いと言うべきか、膝は裂傷と打撲だけで、骨に異常はないと言われてすごくほっとしたのを覚えています。ですが、レストランウェディングなら大阪からでなって痛くて右足に体重をかけて立つことができない状態で、まともに曲げることができなかったので、裂傷のテーピング治療と共に膝に固定用のギブスをつけることになり、今日は膝を曲げないようにと言われてその日はまた自転車を押して帰りました。手の甲の方は絆創膏だけで済む軽症でした。翌日になると痛みも少しましになってきた為、胃カメラ検査で痛みが少ないクリニックにからしてまた午後からその整形外科まで行ってギブスは外してもらい、包帯だけになりました。それから裂傷が治るまで1週間以上掛かりましたが、それと共に膝を曲げても痛くなくなっていき、念の為にもう一度通いましたが、もう問題はないだろうと言ってもらえて安心した次第です。道路に残った雪を少しだけだからと、こうやってAGAの話題の薄毛治療は大阪でなっても甘く見ると大変なことになると身を以って分かった出来事でした。