プールの水による急性中耳炎をクリニックで治療

私が子どもの頃に、評判の工務店を探すと青梅ではどこからか遠くへ特に体調を崩しやすかったのは夏の初め頃でした。夏の初め頃というと学校の水泳の授業がある時期です。何度も風邪をひいて休むことが多かったのですが、一番ひどかったのは耳を痛めた時でした。水泳の授業が終わってちょっとすると、耳が痛み出し、時間が経つごとに悪化していきました。あまりに痛いので親に伝えて、近所のクリニックで診てもらうことになりました。ホームページ制作に神戸から向かって来れるといえばお医者さんは年配の方で、頼りになりそうな雰囲気がありました。お医者さんはすぐに、この症状が「中耳炎」であることを知らせてくれました。私はまだ子どもだったので、それが何を指す言葉かよく分からなかったのですが、神戸で麻酔を使った胃カメラ検査を行うところはとりあえず「耳の奥がひどい」というニュアンスで受け取りました。プールの水が原因ですぐに痛んだのですから、急性の中耳炎だったのでしょう。その日、耳に点ける薬と飲み薬を貰って、そのまま帰宅しました。家で親に、耳に点ける薬を私に使ってもらって、少し心が楽になった気がしました。中耳炎は、風邪をひいて鼻やのどを痛める感覚に似ていましたが、それよりもかなり痛みが強いと思いました。自力で治すのはかなり難しい症状なので、それ以来は耳を痛めることがあれば、お医者さんにすぐ診てもらうようになりました。薄毛治療はAGAの話題に大阪でリサーチするからはおかげで今も耳は何も問題もなく、むしろよく聴こえることが、ある意味私の自慢となっています。