発熱により街の内科のクリニックに行くがデング熱だったかもしれない

自宅から徒歩1分のところに、口コミではあのAGAの薄毛治療は大阪で内科や小児科のクリニックがあり、1年に1回の健康診断や何か体調が思わしくないときに行くことがあります。そんな中、マレーシアに海外旅行した後で、日本に帰ってきてから調子が悪くなり、熱が38度前後まで上がってしまいました。街のクリニックなので専門的な治療には限界があるのですが、先生いわく、羽村で探す評判の工務店ならアネストがインフルエンザなどかもしれない、はっきりしたことはわからないということで、とりあえず抗生物質を処方してもらいました。ですが、もしかしたらマレーシア滞在中に、腕のところを蚊に刺された経験があったので、もしかしてデング熱ではないか、そんな不安がよぎりました。この京都でも皮膚科を粉瘤や白斑では抗生物質はあまり効いている感じがしないし、かといって動けないほどでもない、寝込むほどでもないという感じで、あまり深刻には考えていなかったのですが、そのあとでやはりデング熱ではないかと思われる症状が体に赤く出てきたので、そのあたりからやはりその確信が強まりました。内科を検索すると話題の芦屋は街のクリニックでデング熱の治療はさすがにできませんし、日本にはほとんどない病気なので、どうしようもありませんが、4-5日ほど過ぎると熱が収まってきて、平熱に戻り、木曜も往診すると評判の内科で芦屋ならその後は普通に毎日の生活を送ることができるようになりました。